新築以上の住まいへ

部屋

リノベーションという言葉を聞いたことがあるが意味がよくわからない、リフォームとの違いがはっきりしない、と感じている方は多いでしょう。リノベーションとは、住まいの見た目だけでなく機能や快適さまで向上することができる、改修工事のことを指しています。リフォームやリノベーションという言葉には明確な定義が存在していません。しかし基本的な傾向として、リノベーションはより良い住まい作るもの、といった意味で使用されています。間取りを一新して快適性をプラスしたり、最新の設備を導入したりするなど、リノベーションとして行われる工事の内容は様々です。古くなった住まいの価値を回復させるだけでなく、以前よりもより住みやすく作り変えることができます。

改修工事の範囲

部屋

リノベーションによる改修工事は、住まいのありとあらゆる場所に対して行うことができます。キッチンや浴室等の水まわり設備から居間・寝室など個別の間取り、そして内装全体まで対象となっているのです。工事では床材や壁材といった内装部分だけでなく、配管周りの改修といった作業も行われます。また内装についても、部分的な変更だけでなく部屋そのもののコンセプトを変化させることが可能です。例えば収納がほとんどない和室を丸ごと改修し、クローゼットを備えたフローリングタイプの洋室にする、といったこともできます。窓の大きさや位置を変更する、最新の照明器具を導入するなどの工事も、リノベーションなら可能です。水道設備がない部屋に配管をひき、蛇口等を取り付けることもできます。リノベーションとして大規模な改修工事を行えば、家の中の隅々にまで理想を反映させることができるのです。

施工の流れ

部屋

リノベーション工事を行う際には、まず施工会社との綿密な打ち合わせが必要となります。どこからどこまでを工事範囲とするのか、どういった仕上がりにしたいのか、といった部分をしっかりと話し合う必要があるのです。リノベーションでは、住まいの快適さや機能に関わる重要な工事が行われる場合もあります。大規模な工事をする場合、新築の住居を建築するのと同じような心がまえを持つことが、大切かもしれません。綿密な打ち合わせによって施工プランが作成された後、実際の工事がスタートします。工事の範囲や規模によっては、一時的に仮住まいへの転居が必要となることもあるでしょう。工事完了後には検査が行われ、その後引き渡しとなります。

広告募集中